変形性膝関節症に効く健康食品|スムーズな歩行をサポートする成分

家族

膝の骨を守るサプリメント

四人のお年寄り

変形性膝関節症は、立ち仕事をする人や子育て中の主婦、高齢者が特に発症しやすいです。しかしこれは、サプリメントでコンドロイチンやグルコサミンを毎日摂取することで、予防したり改善したりすることが可能です。発症する人は増えていますが、サプリメントの効果も高められているため、多くの人が利用しています。

筋力強化とサプリメント

膝のレントゲン

タンパク質の摂取が大切

変形性膝関節症は、高齢者に多発する疾患ですから、今後もさらに増加すると予測されています。変形性膝関節症は、進行性の疾患ですから、病態が進行し過ぎると、手術を行う必要があります。そうした意味で変形性膝関節症は、いかに進行を少なくするかが、大きなカギになるのです。そのため医療機関では、大腿四頭筋を強化する運動療法を、積極的に指導しています。大腿四頭筋は、膝関節の安定性に、大きく寄与する筋肉です。すなわち、大腿四頭筋を強化すると、変形性膝関節症の進行を、少なくする効果が期待出来るのです。運動選手が筋肉を強化する際には、タンパク質の摂取を積極的に行います。その原理は、高齢者であっても共通しています。したがって、変形性膝関節症に対する大腿四頭筋の強化には、タンパク質の摂取が大切なのです。

タンパク質のサプリメント

しかし、高齢者になりますと、胃や腸といった内臓の機能が低下してきます。そのため高齢者は、脂の多いものを食べることを、避けることが多くなるのです。タンパク質を多く含む食品として、知られているのが肉類ですが、脂肪分も多くなります。その結果として高齢者は、肉類の摂取が苦手になってくるのです。そこで必要になるのが、肉類に代わるタンパク質の摂取の方法を選択することです。そうしたときに有効なのが、タンパク質のサプリメントになります。サプリメントであれば、脂肪分を含むことなく、製造することが可能です。そのため、タンパク質だけを集中的に、摂取することが可能になります。したがって、タンパク質のサプリメントを活用すると、効率的に大腿四頭筋の強化が出来るのです。

健康体の基本は膝にあり

老夫婦

変形性膝関節症は軟骨がすり減って炎症を起こし痛みを生じさせる関節痛ですが、原因を良く知って、まず予防する事が何よりも大切です。変形性膝関節症には色々な治療法があり、患者の負担を減らす治療法も開発されて来ています。痛みを予防、治療して元気に動ける事で、健康な身体の基本が作れます。

グルコサミンサプリで改善

栄養補助食品

変形性膝関節症を改善するためには、軟骨を再生する役目を果たすグルコサミンをサプリメントで補うことが重要です。食事でグルコサミンを摂ろうとすると、エビやカニを大量に食べなければなりません。サプリメントで効率的にグルコサミンを補うことが重要です。